西医体

練習風景

追いコン

部活旅行

部活オフ

第30回中四国大会

 

第30回 中国四国医科学生柔道大会 結果報告

 

5月10日、広島市の東区スポーツセンターにおいて第30回中国四国医科学生柔道大会が開催されました。今大会の結果報告をさせて頂きます。

 

今大会は我が広島大学が主管校となり、柔道部副部長の松本正俊先生が大会会長を務められました。試合は男子団体戦、女子団体戦、男子個人戦(70㎏級、無差別級)、女子個人戦(無差別級のみ)が行われました。

 

男子団体戦では8大学が参加しました。広島大学は予選リーグを愛媛大学に次ぐ2位で通過し、決勝トーナメントに駒を進めるも、決勝戦でまたも愛媛大学に敗れ、準優勝に終わりました。女子団体戦では4大学が総当たりのリーグ戦を行いました。広島大学は川崎医科大学、徳島大学、山口大学に全勝し、優勝しました。個人戦では男子70㎏級で森田翔平(医学科6年)が優勝、三枝義尚(医学科3年)が3位に入りました。また男子無差別級では松田寛之(看護専攻3年)が準優勝、吉井稔紀(薬学科3年)が3位に、女子無差別級では松山阿佑美(看護専攻3年)、後藤春香(医学科3年)がそれぞれ3位に入賞しました。

 

以下に詳細な試合結果を掲載いたします。

 

 

 

男子団体戦

 

  • 予選リーグ

 

第一試合 対岡山大学戦

 

    広島大学    -     岡山大学

 

先鋒   松田   三角絞め    廣政

 

次鋒   山田 ○  横四方固め   今川

 

中堅   柴田 ○  内股      仲地

 

副将   吉井 ○  大腰      明井

 

大将   森田 ○  一本背負い   山上

 

                            5-0で広島大学の勝ち

 

 

 

第二試合 対山口大学戦

 

    広島大学    -     山口大学

 

先鋒   柴田 ○  内股      鷹巣

 

次鋒   加藤    引き分け    藤村

 

中堅   吉井 ○  小外      芦浦

 

副将   松田 ○  内股      平野

 

大将   森田 ○  背負い     福山

 

                            4-0で広島大学の勝ち

 

 

 

第三試合 対愛媛大学戦

 

    広島大学    -     愛媛大学

 

先鋒   柴田     内股      土居

 

次鋒   松田    内股    ○ 伊藤

 

中堅   森田 ○  小内巻込    矢野

 

副将   加藤    内股    ○ 中村

 

大将   吉井 優勢勝ち(指導2    下野

 

                            2-3で愛媛大学に敗北 

 

                        リーグ2位にて予選リーグを突破

 

  • 決勝トーナメント

 

準決勝  対川崎医科大学戦

 

    広島大学    -     川崎医科大学

 

先鋒   柴田    引き分け    安部

 

次鋒   吉井  優勢勝ち(指導3)    田中

 

中堅   加藤    払い巻込  ○ 大林

 

副将   森田 ○  絞め      脇本

 

大将   松田     小内巻込    丸久

 

                            3-1で広島大学の勝ち

 

決勝   対愛媛大学戦

 

    広島大学    -     愛媛大学

 

先鋒   加藤    払腰    ○ 伊藤

 

次鋒   柴田    内股    ○ 中村

 

中堅   吉井 ○  内股      河野

 

副将   松田    内股    ○ 下野

 

大将   森田 ○  三角抑え込み  毛利

 

                            3-2で愛媛大学に敗北

 

                           広島大学 男子団体準優勝

 

 

 

女子団体戦(リーグ総当たり戦)

 

第一試合 対徳島大学

 

    広島大学     -    徳島大学

 

先鋒   後藤 ○  体落とし     原田 

 

中堅   原野    横四方固め  ○ 藤川

 

大将   松山 ○  横四方固め    有澤       

 

2-1で広島大学の勝ち

 

 

 

第二試合 対川崎医科大学

 

    広島大学     -    川崎医科大学

 

先鋒   後藤    引き分け     倉谷

 

中堅   原野 ○  不戦       

 

大将   松山 ○  内股       新田       

 

2-0で広島大学の勝ち

 

 

 

第三試合 対山口大学                                                 

 

    広島大学     -     山口大学

 

先鋒   原野    背負い返し     伊藤

 

中堅   松山 ○   大外      石川

 

大将   後藤 ○   合わせ技    小林      

 

 2-1で広島大学の勝ち

 

                         

 

                        広島大学 女子団体優勝! 3連覇

 

男子70㎏以下級個人戦

 

森田  ○ 三角抑え込み   脇本(川崎) 

 

    ○ 小内巻き込み   関(徳島)

 

    内股(ゴールデンスコア) 原田(香川)

 

       背負い投げ        福家(香川)

 

    背負い       土肥(愛媛)    

 

森田翔平 男子70㎏以下級 優勝

 

 

 

山田  ○  内股      真鍋(岡山)

 

       大外返し ○  藤村(山口)

 

 

 

大津     小外刈り  ○ 藤岡(川崎)

 

 

 

原田     一本背負い ○ 原田(香川)

 

 

 

三枝  ○  縦四方固め   佐藤(徳島)     

 

    ○  小外刈り    安部(川崎)

 

    ○  払い腰     藤岡(川崎)

 

  大外刈り   土居(愛媛)     

 

三枝義尚 男子70㎏以下級 第3

 

 

 

男子 無差別級個人戦

 

 柴田  ○  一本背負い   矢野(愛媛)

 

        合わせ技  ○  丸久(川崎)

 

 

 

 松田  ○  内股         中嶋(徳島)

 

     ○  小外掛け       青木(高知)

 

         優勢勝ち(背負い返し) 吉井(広島)

 

        背負い返し(ゴールデンスコア) ○ 石原(徳島)

 

                         松田寛之 男子無差別級 準優勝

 

片山     大外刈り  ○ 中嶋(広島)

 

  

 

 吉井      優勢勝ち(指導2)     大林(川崎)

 

         優勢勝ち(大内有効)    河野(愛媛)

 

     ○  袖釣り          鷹巣(山口)

 

        優勢負け(背負い返し)    松田(広島)

 

                         吉井稔紀 男子無差別級 第3位

 

 

 

 加藤     内股         ○ 鈴井(香川)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子個人戦

 

 

 

 原野  ○  一本背負い   石川(山口)

 

  抑え込み  ○ 倉谷(川崎)

 

 

 

 松山  ○  払腰      藤川(徳島)

 

        体落し   ○ 新田(川崎)

 

                            松山阿佑美 女子個人3

 

 

 

 後藤  ○  一本背負い   原田(徳島)

 

  肩固め   ○  倉谷(川崎)

 

             後藤春香 女子個人3

 

 

 

 

 

以上が今大会の試合結果となります。

 

今大会を主管するに当たりまして、OBOGの先生方には多大なご支援を賜りました。さらに、大会運営に関して師範の中谷雄英先生にご協力頂きました。また本学柔道部員の方々には大会補助員を務めていただき、本学柔道部師範の出口達也先生にも審判としてお越し頂きました。おかげさまで、今大会を無事に開催することができました。そして当日会場には多くの先生方にお越し頂き、応援や激励、試合後のアドバイスを頂きました。先生方のご声援は心強く、部員たちも大変勇気づけられました。この大会を通じてお世話になった皆様に、心より感謝を申し上げます。

 

大会結果を振り返ってみますと、男子団体戦は大変悔いの残るものとなりました。現在の広大医学部柔道部の特徴として、体格に恵まれていないということが大きな弱点になっています。しかし私はこの弱点をむしろ武器にして、体格差を跳ねかえすことのできるチームを作っていきたいと考えています。今後はその目標を達成するために、日ごろの練習内容から見直していきたいと思います。一方で女子団体戦は3連覇を達成し、個人戦では男女とも好成績を残すことができました。一年生の加藤豊くんもまだ練習を始めて一か月ほどですが、団体戦に出場し奮闘してくれました。また私個人として、初心者から始めた三枝が今回3位に入賞できたことが大変うれしく、印象に残っております。

 

今大会は多くの選手が活躍し、また課題も多く見つかりました。結果は悔いの残るものとなりましたが、そのことも含め広島大学医学部柔道部にとって大変意義のある、充実した試合になったと感じております。これからは今大会での反省を踏まえ、より一層練習に励んでまいります。

 

今後の大会は西日本医科学生柔道大会(82日、石川県白山市、松任総合運動公園武道館)があります。医学科のみの試合ではありますが、部員全員分の力を発揮できるように稽古していきたいと思います。OBOGの皆様、今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

また現時点で9人の新入生が入部を決めております。

 

堀 克仁(医学科)

 

東野 諒(医学科)

 

加藤 豊(看護学専攻)

 

春田憲人(看護学専攻)

 

光岡宏基(作業療法学専攻)

 

益原貴大(作業療法学専攻)

 

門野直人(理学療法学専攻)

 

大内香乃(薬学科)

 

小林花奈(口腔工学専攻)

 

 

 

なお新歓コンパは620日(土)19:30より、広島アンデルセンにて行われます。多くのOBOGの皆さんに参加していただきたいと思います。よろしくお願いします。

 

広島大学医学部柔道部 主将 柴田真志